目のクマに!アイキララの口コミ

皮膚痩せしてできた目の下のクマを解消できる?!アイキララを実際に使ってみました

*


アイキララは10代でも使える?!目の下のクマの種類によっては効果的

目の下のクマやたるみをケアするアイキララ。ネット上の口コミでどんどん広まり、今ではたくさんの愛用者がいます。そんなアイキララですが、10代でも使えるのでしょうか?実は10代でも目の下のクマに悩んでいる人って結構多いんですよね。小学校の頃からクマに悩んでいた、という人も。

クマの種類によってはアイキララは10代の方でも使えます。むしろ、若い方が早く違いを感じられるかもしれませんね。

>>とりあえず「アイキララ」を見てみる

まずはクマの種類を知ろう

目の下のクマには3つの種類があります。それぞれ違いがあり、どのクマがあるかによって対策方法も違ってきます。まずはクマの種類を知り、対策を考えていきましょう。

目の下のクマは寝不足だけが原因じゃありません。

青いクマがある

青いクマは疲れや睡眠不足など、血行不良が原因となっているクマです。目元は体の他の部分よりも皮膚が薄いため、血液の流れが悪くなっていると青黒く見えてしまいます。

血行不良が原因なので、血行を良くすることが改善のポイントです。例えば、温かいタオルと冷たいタオルを交互に充てるなどして、血行促進すると良いでしょう。

黒いクマがある

この黒いクマは主に加齢が原因で現れるものです。加齢によって下まぶたがたるんだりしわができたり、むくんだりした時に目元に影を作り、クマのように見えてしまう、というものです。

この黒いクマの改善法は目の周りの筋肉を鍛えることでたるみやしわを防ぐことです。目元にハリがあれば、たるみやむくみで目の下に影ができ、クマのように見えるのを防ぐことができます。

茶色いクマがある

茶色いクマの原因は色素沈着です。肌が刺激を受けることでメラニン色素が作られ、肌が茶色くなってしまっている状態です。目の周りの皮膚は薄く、少しのことでも刺激を受けやすいため、色素沈着を起こしやすいのです。

例えば、目を強くこする癖がある、アイメイクが濃いのでクレンジングの時に強くこすっている、ということがあれば気を付けるようにしましょう。

10代のクマの原因は「青クマ」または「茶色クマ」

クマには青・黒・茶クマの3種類がありますが、10代の場合は加齢が原因のたるみやむくみでできる黒クマは当てはまらないでしょう。

鏡を見てみてください。クマは青いですか?茶色いですか?

もしも青いなら血行を良くする必要があり、茶色なら目への刺激を避け、美白が必要になってきます。

そんなことならもうやっているけど、なかなか改善しない・・・そんな時は目の下のクマ専用の美容液の力を借りてみると良いでしょう。アイキララは27秒に1本売れているアイケアクリームです。

若い10代なら、40代50台と違い浸透力も高いので、すぐに違いを感じられるかもしれませんね。

アイキララは目の下のクマに特化したアイクリームなので、10代の目の下のクマ、「青クマ」と「茶クマ」にアプローチする成分も入っています。

アイキララの青いクマ対策

アイキララにはビタミンK含有原料がブレンドされています。血流が悪くなっている目の下の流れをスムーズに、そして皮膚に潤いと柔軟性を与えます。

アイキララの茶色いクマ対策

目元ケアのために開発された「ハロキシル」という成分が配合されています。コラーゲン生成のサポート、そして色素沈着対策としても用いられる成分です。

10代のクマの原因は主に血行不良や色素沈着です。血行を良くしたり、肌に刺激を与えない工夫をしながら、スペシャルケアとしてアイキララを使っていくのが良いでしょう。

発売当初から売れすぎで一時販売停止になったほどのアイキララ、一度チェックしてみてください。

>>目の下のクマを本気で改善!「アイキララ」

こちらもおすすめです

 - アイキララの口コミ ,