目のクマに!アイキララの口コミ

皮膚痩せしてできた目の下のクマを解消できる?!アイキララを実際に使ってみました

*


アイキララは若い人ほど使うべき!クマをそのままにしているなんてもったいない!

アイキララは目元ケアのクリームとして、主に30代から40代、50代の女性の人気ですが、10代、20代の若い人も使っている人はたくさんいるんですよ。むしろ、若い人にほどアイキララはおすすめ。目元のクマをそのままにしていると、老け顔に見えてしまいますよね。しっかりケアしてきれいな目元をゲットしましょう。

>>とりあえず「アイキララ」を見てみる

若いときにできるクマの種類を知ろう

クマには3種類あります。青クマ、黒クマ、茶クマの3つです。

青クマは目元の血行不良が原因、黒クマは加齢によるたるみが原因、そして茶クマは目元の色素沈着が原因です。

若い方の場合、黒クマの加齢によるもたるみが原因ということはほぼ考えられないので、青クマか茶クマがほとんどのケースになります。

青いクマができている場合

青いクマは目の下の血流が悪くなっているのが透けて見える状態なので、目の下の血行を良くしてあげることが大切です。

目元を優しくマッサージしたり、温かいタオルと冷たいタオルを交互に置き、血行促進を促してあげると良いですよ。

青クマはコンシーラーを使えばほぼ隠すことが可能ですが、できれば根本から直していきたいですよね。

茶色いクマができている場合

茶色いクマができている場合、目の下のこすりすぎなどの摩擦が原因で色素沈着を起こしているケースがほとんどです。

この場合、目の下に刺激を与えないよう、クレンジングの際気を付ける、目をこする癖がある場合はやめるようにする、などの対策が必要です。

目のマッサージやツボ押しなどもほどほどに。疲れ目には気持ちが良いかもしれませんが、力を加えることにより、肌に刺激が行ってメラニン色素が生成されてしまいます。

若い人にもアイキララがおすすめ理由

アイキララには目の下のクマのケアをする「ハロキシル」という成分が含まれています。目の周りのクマやくすみ、たるみなどを解消するために開発された成分です。

その他にも、肌に潤いと柔軟性を与えるビタミンK含有成分、コラーゲン生成をサポートするビタミンC誘導体のMGAなどが配合されています。

若いときのクマはコンシーラーで隠してしまうのが手っ取り早いのですが、根本的な部分をケアすることで、少しずつ明るい目元へと近づくことが可能です。

今のまま年を重ねていけば、クマも濃くなっていき、コンシーラーで隠すのが難しくなってきてしまいます。

どんどん厚塗りになっていかないためにも、若いときから目元のケアは始めていってくださいね。始めるのが早ければ早いほど、感じられる変化も早く来るはずです。

>>目の下のクマを本気で改善!「アイキララ」

 - アイキララの口コミ